日立一高附属中をつくる時、「超難関大学や、医学部を目指せるような中高一貫校にしよう」ということでした。その1期生が今年受験をし、結果が出ました。東京大理Ⅰが1名,京都大工学部1名,東京工業大7類1名,北海道大学2名,東北大4名,筑波大は医学群2名を含め15名,お茶の水女子大2名,大阪大1名など国公立134名。238名の卒業生ですから,56.3パーセントの合格率。私立大学も,早慶をはじめ「MARCH」クラスの大学に合格。質,量ともに実績が出たといえるのではないでしょうか。詳しくは日立一高ホームページをご覧ください。(写真は職員室から,体育館を望む)